愛知県名古屋岐阜県で過食症・拒食症・摂食障害の克服におどろきのメンタルリトリーバル

過食症・拒食症・摂食障害

過食症と拒食症は、摂食障害というようにひとまとめにされていますが、分けて考える必要があります。

過食症

過食症の克服には、さまざまな方法が言われています。

 

多くは、行動であったり考え方であったり、本人の努力を求めるものです。それはそれで大切なことではありますが、簡単なことではありません。いろいろやってみたけど結局克服できていないという方は多いです。

 

これは、過食症というのは、脳の問題でもあるからです。

 

過食症の方の脳波は、左右の脳でアンバランスになっている可能性があります。脳がアンバランスな状態では、満足感が得られにくく、また、ストレスコントロールも難しくなります。

 

この状態ではいくら努力しても、過食をやめようとすることは難しいことです。

 

逆に、脳のアンバランスを解消させると、自然とやめられるようになります。

 

カウンセリング、セラピーで克服できていない方、薬は飲みたくないという方は、当サロンへご相談ください。

 

過食症の症状

過食症は、人間関係や仕事等のストレス、過剰なプレッシャーがきっかけとなることがあります。

 

また、うつ気分、強い不安、イライラ感を紛らわそうとしている場合もあります。

 

過食症は、食欲を自分でコントロールできなくなり、一度食べ始めるとなかなか止めることができなくなる場合もあります。

 

また、過食をしてしまった後、過食した分を取り戻そうとして、食を拒絶することもあります。

 

しかし我慢した分、もともとコントロールできない食欲が、より過剰になりさらに過食してしまう。こうして過食と拒食を、繰り返す場合もあります。

 

やめようとしても、過食しない日は、不安感やイライラ感、手の震え、発汗、眠れない、といった離脱症状がある場合もあります。

 

このように過食症は、一種の依存症とも考えられます。

 

 

おどろきの米国最新の脳科学 ブレイン ステート テクノロジー(BST)

なぜ克服することが難しいのか

やめられないのは意志が弱いからというのは誤解です。本人の意志の力や精神論で克服することは、とても困難な事です。

 

では、ストレスの元を断てばよいのでしょうか。もちろんストレスの元を取り除くことは重要なことで、ストレス源を取り除いただけで回復する場合もあります。

 

ただ、それだけではまたストレスを受けた場合に再発することもあります。根本的な解決とは言えないでしょう。

 

過食は、脳の問題でもあるという認識が必要です。脳の神経ネットワークのパターンが、満足感の得られにくいアンバランスなパターンになっています。

過食症の仕組み

 

脳のアンバランスは、うつ気分や強い不安、イライラ感を生じさせ、それが過食につながっていることも多いです。

 

そして脳は、アンバランスなパターンが一度できてしまうと、その状態を、通常の状態と認識してしまいます。

 

これを簡単に言い換えますと、脳が、過食してしまう状態を通常の状態と認識している限り、過食してしまう状態がずっと続くということです。

 

過食症の改善に様々な方法が言われていますが、根本的な解消となると実際には難しいのはこのためです。

 

強い意志の力で克服された方もいらっしゃいますが、多くの方にとっては難しいことです。

 

一時的にやめられたとしても、脳のアンバランスなパターンが改善しない限り、脳はアンバランスなパターンであり続けようとするからです。

 

おどろきの方法 ブレイン・ステート・テクノロジー

このように根本的な解消が難しい過食症ですが、アメリカで話題の方法があります。

 

脳科学をベースに開発された最新の方法、ブレイン ステート テクノロジー(BST)です。

 

ブレイン ステート テクノロジーのセッションを受けると、脳が自己修復力を発揮するようになり、自らアンバランスを解消しようとします。

 

セッションを続けて最終的に脳がバランスしていくと、満足感を感じられるようになっていきます。すると過食も自然とやめられるようになります。

 

そして、脳の神経ネットワークが、バランスの取れた状態で再構築されていきます。

 

すると脳は、バランスの取れた状態を、通常の状態と認識するようになります。

 

これは、過食症のパターンではない新しい脳のパターンとなります。

 

したがって、根本的に解消され、二度と再発することはありません。

 

自分の意志の力で頑張りつづけるといった、大変な作業は必要ありません。

 

※当サロンは、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。

 

米国で話題の ブレイン・ステート・テクノロジー(BST)
3つのポイント

おどろくほど効果的で、最終的に根本的な改善が見込めます!

脳の自己修復力を活かした方法なので、副作用がありません!

セッション終了後、基本的に3週間〜1ヵ月程という短期間で効果が現れます!

※効果には個人差があります。より多くのセッション数を必要とする場合もあります。

 

 

ブレイン ステート テクノロジー(BST)のセッションを受けた方は?

強い不安やイライラ感がおさまった、その結果として過食を自然と止められることができたと言う方もいます。

 

また、今までストレスと感じてきたことがそれほどストレスと感じなくなった、あまり引きずらなくなった、その結果、過食を止められることができたと言う方もいます。

 

これらは、依存症でセッションを受けられた方の感想に通じるものがあります。

 

うつ気分や強い不安は、満足感を得ることが難しく、それが食欲のコントロールができないことにつながっていることもあります。

 

脳のアンバランスなパターンが解消されバランスが取れると、満足感も感じられるようになり、その結果、過食も自然と改善されていきます。

 

このような事でお困りの方も、見事に解決されています

愛知県岐阜県三重県名古屋で過食症・拒食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル嫌な事やストレスを感じると、食べないと気が済まない

愛知県岐阜県三重県名古屋で過食症・拒食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル食べたい衝動にかられて一度食べだすと、もう止まらない

愛知県岐阜県三重県名古屋で過食症・拒食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル満腹感、満足感を感じられない

愛知県岐阜県三重県名古屋で過食症・拒食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバルやめようとしてもやめられず、何年も続いている

愛知県岐阜県三重県名古屋で過食症・拒食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル太ることが怖くて、自分で吐いている

愛知県岐阜県三重県名古屋で過食症・拒食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル過食と拒食を繰り返している

 

※効果には個人差があります。必要とするセッション数は、軽い重い等状態によって異なり、重い場合は多くのセッション数が必要となります。

 

ブレインステートテクノロジー(BST)のメンタルリトリーバル

 

 

 

拒食症

拒食症は、単純にやせたいという思いから始まって、エスカレートしていくことが多いです。

 

太ることへの不安、恐怖が拒食につながっていくこともあります。また体重を減らさなければならないという、強迫観念に変わっていく場合もあります。

 

体重が極端に減少したとしても、太ることへの不安、恐怖、あるいは体重を減らさなければならないという強迫観念が無くなるわけではありません。拒食症は、一種の不安症あるいは強迫症とも考えられます。

 

症状が進むと、栄養失調等の影響も出てきて身体的な症状が現れることもあります。

 

また、精神的につらいことがあって食欲がなくなり、うつ症状とともに拒食症に至る場合もあります。

 

うつや、不安障害といった他の症状と併発する場合もあります。

 

このような事でお困りの方も、見事に解決されています

愛知県名古屋岐阜県三重県で拒食症・過食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル食べることに、罪悪感を感じてしまう

愛知県名古屋岐阜県三重県で拒食症・過食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル太ること、体重が増えることが、怖い

愛知県名古屋岐阜県三重県で拒食症・過食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル周りの人に「やせた」と言われても、信じられない

愛知県名古屋岐阜県三重県で拒食症・過食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル家族が拒食症になってしまったが、本人が自覚しておらず食事をとろうとしない

愛知県名古屋岐阜県三重県で拒食症・過食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル気分が重く、食欲がほとんどない

 

米国最新の脳科学 ブレイン ステート テクノロジー(BST)

拒食症は元をたどれば、太ることへの不安、恐怖、そして体重を減らさなければならないという強迫観念となります。

 

周りの人が、いくら減少した体重をもとに戻そうと努力しても、本人がそれを受け付けないことも多いです。

 

結局のところ、本人の不安、恐怖、強迫観念をなくさなければ克服できないということになります。

 

拒食症の方の脳波は、アンバランスになっている可能性があり、脳のパターンが不安症、または強迫症、またはその両方のようなパターンになっていることが考えられます。

拒食症の仕組み

 

脳は、パターンが一度できてしまうと、その状態を、通常の状態と認識してしまいます。

 

それが左右の脳でアンバランスなパターンですと、不安、恐怖を生み出し、食に対するきっかけが元で拒食に至ってしまいます。

 

これは、脳が不安、恐怖、強迫観念のあるパターンを通常の状態と認識している限り、不安、恐怖、強迫観念をずっと持ち続けてしまうということです。

 

拒食の改善が難しいのは、このためです。

 

このように、改善が難しい拒食症ですが、おどろくべき方法があります。

 

米国で脳科学をベースに開発された最新の方法、ブレイン ステート テクノロジー(BST)です。

 

ブレインステートテクノロジーでは、脳の自己修復力を活かした方法で、脳が自らアンバランスを解消しようとしていきます。

 

セッションを続けて最終的に脳がバランスしていくと、必要のない不安、恐怖、また強迫観念も消えていきます。それは拒食の改善にもつながっていきます。

 

ブレインステートテクノロジーは脳全体に働きますので、精神的につらいことがあって食欲がなくなっていった場合でも、気分の落ち込みや食欲不振も同時に解消されていきます。

 

そしてセッション終了後、3週間〜1ヵ月程かけて、脳の神経ネットワークがバランスの取れた状態で再構築されていきます。これは拒食症のパターンではない新しい脳のパターンとなります。

 

すると脳は、このバランスの取れた状態を、通常の状態と認識するようになります。もう拒食症の脳のパターンにもどることはないため、根本的な改善が可能なのです。

 

※当サロンは、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。

 

ブレイン ステート テクノロジー(BST)のセッションを受けた方は?

必要のない不安、恐怖が解消され、同時に食に対する恐怖感も改善された、という方もいます。

 

体重のことばかり考えていたのが、強迫観念がなくなり、あまり体重のことにこだわらなくなった、という方もいます。

 

ほとんど意欲がなかったのが、意欲が出てきた、食欲も出てきた、という方もいます。

 

脳のアンバランスは、必要以上の不安、恐怖を生み出し、それが食に対する強迫観念、拒食となっていく場合もあります。

 

脳のバランスが取れることで、このように拒食の改善にもつながっていきます。

 

米国で話題の ブレイン・ステート・テクノロジー(BST)
3つのポイント

おどろくほど効果的で、最終的に根本的な改善が見込めます!

脳の自己修復力を活かした方法なので、副作用がありません!

セッション終了後、基本的に3週間〜1ヵ月程という短期間で効果が現れます!

※効果には個人差があります。より多くのセッション数を必要とする場合もあります。

 

※効果には個人差があります。必要とするセッション数は、軽い重い等、状態によって異なります。

 

ブレインステートテクノロジー(BST)のメンタルリトリーバル

 

 

愛知県岐阜県三重県名古屋で拒食症・過食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル

セッション中は電話に出られない場合がございます。メールフォームでしたら確実でございます。

 

当サロンへは、愛知県岐阜県三重県静岡県長野県滋賀県福井県石川県京都府大阪府兵庫県(神戸)からお越し頂いています。遠方からもお越し下さいまして、ありがとうございます。

 

愛知県岐阜県三重県名古屋で拒食症・過食症・摂食障害の克服解消ならメンタルリトリーバル

 

 

 

※当サロンは、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。

 

※当ホームページに掲載されている全ての文章・画像等は著作権により保護されております。

当ホームページの内容の全て又は一部を、無断で転載・流用等することを固く禁じます。

 

※「メンタルリトリーバル」は、登録商標第5827439号です。

 

※Brain State Technologiesブレインステートテクノロジーズ, Brainwave Optimization は、米国ブレインステートテクノロジーズの登録商標です。