不安神経症改善でお悩みなら一宮市メンタルリトリーバル

精神症状克服のメンタルリトリーバルへのメールフォーム 精神症状克服の体験談へのリンク 精神症状克服方法の目次へのリンク

不安神経症の症状(全般性不安)

不安神経症の症状(全般性不安障害)を改善するには、薬物療法や心理療法、カウンセリングなどいろいろな方法があります。

これらの方法で解消された方もいらっしゃいますが、結局のところ解消できていないという方も多くいます。

なぜでしょうか。

不安神経症は、心や思考パターンの問題と一般的には考えられていますが、実は脳の問題でもあるからです。

不安神経症・全般性不安障害の方の脳波は、左脳と右脳でアンバランスになっている可能性があります。

この左右の脳でアンバランスな状態というのは、交感神経あるいは副交感神経が異常に活性した状態でもあり、心の持ち方や思考とは関係なく不安が湧いてくる状態です。

不安神経症の原因


左右の脳の片方だけが異常に活性した状態、アンバランスな状態が解消されなければ、不安神経症の症状を根本的に改善させることは難しいのです。

メンタルリトリーバル(愛知県)では、アメリカ脳科学を導入し成果をあげています。

カウンセリングや心理療法、薬物療法等、従来の方法で改善できていない方は、ご相談下さい。

不安神経症の症状には、メンタルリトリーバルの米国脳科学

愛知県で不安神経症(全般性不安)の症状チェック1カウンセリングやセラピーを受けたけど、症状改善は一時的なものだった

愛知県で不安神経症(全般性不安)の症状チェック2精神療法を続けてきたが、根本的な不安までは解消できていない

愛知県で不安神経症(全般性不安)の症状チェック3不安神経症だけでなく、うつ病もあってどうにもならない

愛知県で不安神経症(全般性不安)の症状チェック4強い不安・心配性のために身体的な病気になってしまった




不安神経症(全般性不安障害)の症状と一般的治療法

不安神経症の症状


不安神経症は、現在は全般性不安障害(GAD, Generalized Anxiety Disorder)と呼ばれており、特に心配事がないのに漠然とした不安が常にあったり、日常のあらゆることに不安、心配を感じる病気です。

元々、神経症という病気は、ノイローゼという意味であり、不安といった不適応により身体自体の異常は無いのに、精神や身体に症状が現れる病気をいいます。

通常、人が不安を感じるには原因があるものです。そして原因が解決したら、その不安は解消します。

このような不安は正常なものであり、病気ではありません。

しかし不安神経症・全般性不安障害では、根拠があるわけではないのに、先々や、日常の様々なこと全てついてマイナス面ばかりが気になり心配です。

次から次へと心配事が出てきてそれが長時間続き、起こる可能性が低くても最悪の事態にまで至ることを想定して、過剰に心配します。

例えば、自分や家族が外出する度に、目的地まで迷わず行けるのか、時間に遅れるのでは、事故やひったくりといったトラブルに巻き込まれるのでは、と心配したりします。

自分や家族の体調が少しよくないだけで、重い病気ではないか、死んでしまったらどうしよう、と過剰に心配します。

仕事や人間関係が問題なくうまくいっているのに、失敗したらどうしよう、嫌われたらどうしようといつも不安です。

これらの心配、不安には明確な根拠がありません。

通常、人が不安を感じる状況には、明らかな原因があります。

例として、道に迷ってはじめて不安を感じ、時間に遅れそうになってはじめて不安を感じるもので、これは正常な反応です。

明確な原因がない事に対して心配し不安になり、そのような不安が次から次へと起こるのが、不安神経症(全般性不安障害)の症状です。

また、とてもせっかちであったりします。

忘れたらどうしよう、間に合わなかったらどうしよう、といつも心配するために、忘れないように早くしようという心理状態による症状であり、性格ではありません。

また、ちょっとしたことでも不安に感じるために、ストレスをより多く受けます。

ストレスを受けやすいために、イライラしやすい、怒りっぽくなるといった易怒性もあげられます。

ストレスを受けやすく、常に心配し続けているために、エネルギーを余分に使い、疲労感が大きいです。

このため、疲労感がいつもあったり、睡眠をとってもあまり疲れが取れなかったりします。

心配し始めると、そればかり気にして仕事に集中できなくなるなど、集中力にも影響します。

寝る前に何か気になり始めると、その不安が強くなって眠れなくなるなど、睡眠障害も起きやすくなります。

これらの症状を、ただの心配性とか、性格だからと考えて不安神経症・全般性不安障害という病気とは認識していない患者も多いです。

患者本人だけでなく周囲の人も、少し神経質、気にし過ぎな性格として、不安神経症という病気と分からずに見逃しがちです。

不安神経症は、漠然とした不安が症状であり、患者本人も気付かずにいつの間にか症状が現れるため、性格と誤解しやすいです。

この病気は、患者本人も周囲の人も病気とは気付きにくいですが、病気であり適切に治療していけば改善される病気です。

自分は心配性な性格であって病気ではない、と考える患者さんもいますが、不安神経症という病気について、正しく理解することが重要です。

また、身体的症状が伴うこともあり、緊張しやすく落ち着けない、睡眠障害、動悸、震え、吐き気、食欲不振、発汗、腹痛、過呼吸といった症状が現れることもあります。

これら身体症状は、自律神経失調症の症状でもあり、自律神経系のバランスの乱れを示しています。

自律神経系の乱れは、不整脈といった循環器系の病気にもつながりやすいです。

身体の筋肉も緊張しやすく、筋肉のこわばり、慢性的な肩こり、緊張型頭痛などの症状がある場合もあります。

不安神経症は、日常的に不安状態が多いためにストレスを受けやすく、身体的な病気や他の精神面の病気を発症する場合もあります。

日常的な不安状態は、抑うつ状態を引き起こしやすく、時間が経つうちにうつ病の症状も現れるケースもあります。

抑うつ状態は、うつ病ほど症状は重くなく、一時的なうつ症状をいいます。

始めは一時的なうつ症状であったのに、繰り返されるうちに本格的なうつ病となることもあります。

このように治療せずに放置しておくと、悪化して不安神経症以外の症状も併発する可能性が高くなります。

うつ病だけでなく、社会不安障害、強迫神経症(強迫性障害)などの症状を発症したり、或いは強い不安を紛わせようと依存症に陥ることもあります。

逆に、うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害、摂食障害といった多くの心の病気において、症状の一つとして強い不安があります。

心の病気では、他の病気と同時発生的に不安神経症を併発することもあります。

不安神経症の症状チェック


不安神経症(全般性不安障害)は過剰な不安が中心となる病気ですが、他の心の病気でも不安を伴うことは多いため、区別がつきにくいケースがあります。

不安神経症の症状かをチェックするには、アメリカのDSM-5(精神障害の診断・統計マニュアル第5版)が参考になります。

A.(仕事や学校といった)イベントや活動の多くについて、過剰な不安と心配(予期不安)が、少なくとも6ヵ月の間、半分以上の日で起こる。


B.心配をコントロールすることが難しいと分かっている。


C.不安と心配は、次の6つの症状のうち3つ以上に関係する。(少なくともいくつかの症状が、過去6ヵ月の間の半分以上の日で起こる。)

注:子どもの場合は1項目のみ必要

1.落ち着かない、興奮や緊張を感じる

2.疲労しやすい

3.集中しにくい、又は頭が真っ白になる

4.怒りやすい

5.筋肉の緊張

6.睡眠障害(寝付きが悪い、何回も目覚める、浅い睡眠、熟睡できない)


D.不安、心配、身体症状は、臨床的に有意な苦痛、または、社会的、職業的、または他の重要な領域での機能の障害の要因になっている。


E.その障害は、物質(乱用薬物、薬剤等)の生理的影響や別の疾患(甲状腺機能亢進症等)に起因しない。


F.その障害は、別の精神障害ではうまく説明されない。(例:パニック障害におけるパニック発作が起きることについての不安や心配、社会不安障害 [社交恐怖症] における否定的評価、強迫性障害における汚染や他の強迫観念、分離不安障害における愛着あるものからの分離、PTSDにおけるトラウマ体験を思い出させるもの、神経性やせ症における体重の増加、身体症状症における身体的愁訴、身体醜形障害における外見的欠点と受け取られること、病気不安症における重い病気になること、統合失調症または妄想性障害における妄想的信念の内容)


※身体症状症とは、身体的な痛みや症状があるが、身体的な異常はなく、ストレスなどの心因的なものによって症状を感じる病気。


※病気不安症とは、強い不安から自分は重い病気ではと疑う心の病気で、例え病院の検査で問題が無かったとしても、重い病気に違いないといった不安が消えません。


この不安神経症の症状チェックは、アメリカのDSM-5(精神障害の診断・統計マニュアル第5版)を翻訳したものです。

不安神経症(GAD・全般性不安)の症状であるかは、心療内科や精神科などの病院で診断を受けて下さい。


不安神経症(全般性不安障害)の症状への一般的治療法


不安神経症の症状への一般的治療法としては、薬物療法、カウンセリング、精神療法などがあります。

<薬物療法>
薬物療法としては、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬がよく使われ、精神療法と組合わせて使われることも多いです。

抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、不安神経症の治療薬としても使われます。

不安神経症の患者さんは、日常的に不安な状態なために、気分も憂うつになりやすく、抑うつ状態になることが多いです。

このため、不安が主な症状ですが、抗うつ薬を使用することがあります。

抗不安薬は、ベンゾジアゼピン系の薬がよく使われます。

抗不安薬は効果が現れるのが比較的早いのが特徴ですが、副作用として依存性が指摘されています。

長期間の服用で薬が効きにくくなり、薬の量が増えていく可能性があります。

不安神経症は、日常的な不安が続く症状なので、薬の強さや期間を考慮する必要があります。

薬による治療では、薬が自分に合わなかったり、副作用が現れることもあるため、病院の医師とよく相談して治療を進めていくことが重要です。

<精神療法>
精神療法は、広く行われている代表的なものとして認知行動療法があります。

認知行動療法では、対象に対して不安が起きた時の考え方、受け止め方、つまり認知を変えることで、不安という感情への対処の仕方、マイナスとなる行動を変えていく療法です。

日常生活で不安と感じたことや心配に焦点を当てます。

例えば、外出すると事故や事件にあうのではないか、だから外出できない、という例であれば、危険を過剰に考えて最悪の事態を予測してしまっている、と認識するようにします。

そして、それは不適切な認知の歪みであると意識し、その考えを現実的なものに変えていくようにトレーニングします。

また、不安神経症の症状は、日常的な漠然とした不安であり、心配となる対象は多岐にわたります。

このため、心配事それぞれへの対処方法よりも、不安や心配の感情自体への対処や、物事の受け止め方に着目して治療を進めることが重要といわれています。

このような認知療法と並行して、行動療法が行われます。

不安神経症の症状には、動悸、震え、発汗、過呼吸といった身体症状もありえるため、まず身体的症状を和らげられるよう呼吸法やリラクゼーション法を身に付けます。

行動療法は、不安のために回避していた行動について、治療者と共に段階的に治療目標を決めて行っていきます。

呼吸法を入れながら、始めは少しだけ行い、徐々に少しずつ増やしていきます。

実際に行動してみることで、少し外出したぐらいで事故や事件にめったにあうものではない、ということが分かってきます。

これらを繰り返していくと、回避していた行動に徐々に慣れていきます。

このように、認知療法と行動療法を組合せて進め、不安神経症の症状改善を目指していきます。



不安神経症の症状におどろき アメリカ最新脳科学 ブレイン ステート テクノロジー(BST)

不安神経症の症状改善はなぜ難しいのか


不安神経症(全般性不安障害)の症状改善方法として、認知行動療法をはじめ、思考パターンや物事の受けとめ方を変えていこうとする取り組みがよく行われています。

そのような取り組みは重要なことですし、それで改善された人も多くいらっしゃいます。

ですが、うまくできなかった、続けることができなかった、という人も多いです。

不安感はある程度軽減し前より行動できるようになった、しかし根本的なところで不安は続いている、という人も多いです。

ご本人の一生懸命な努力にもかかわらず、なぜ改善が難しいのでしょうか。

世間では、ストレスに弱い性格が原因、ともいわれることもありますがそうではないのです。

これは、不安神経症(全般性不安障害)の方の脳は、脳の神経ネットワークのパターンが、常に不安が湧いてくる、または過剰に不安が湧いてくるパターンになってしまっているからです。

不安神経症・全般性不安障害の方の脳波は、左右の脳でアンバランスが見られます。

不安神経症の症状の原因


この脳のアンバランスな状態は、交感神経あるいは副交感神経が異常に活性した状態でもあり、本人の思考とは関係なく不安が湧いてくる状態になっています。

脳がこのような状態になる原因は、過剰なストレスや過去のトラウマ体験です。これには幼少期の体験も含まれ、普段は完全に忘れていることも多いです。

人は、過剰なストレスを受けたり、トラウマとなるような辛い体験をすると、交感神経が活性し、緊張状態に入りその事態に対処しようとします。

ところが、あまりに辛い出来事だと、その事態が終わっても交感神経の活性はおさまりません。

脳はその状態を通常の状態と認識してしまい、交感神経活性状態つまり脳のアンバランス状態が固定化し、それを変えることは簡単ではなくなってしまいます。

これは、脳がアンバランスなパターンを通常と認識している限り、不安神経症の症状が出続けるということです。

ですので、脳がこのような状態であるところを、自分の意志の力で不安感をコントロールしようとすることは大変に困難な事なのです。

強い意志力と地道な努力で改善される人もいらっしゃいますが、多くの人にとっては難しいのです。

不安神経症の症状におどろき 脳科学ブレイン ステート テクノロジー


このように改善が難しい全般性不安障害・不安神経症ですが、おどろきの方法があります。

米国で脳科学をもとに開発された最新の方法、ブレイン ステート テクノロジー(BST)です。

ブレイン ステート テクノロジー(BST)のセッションを受けると、脳が自己修復力を発揮するようになっていき、やがて脳が自分でアンバランスを解消しようとし始めます。

不安神経症の症状改善過程


セッションを繰り返していき、最終的に脳がバランスを達成すると、強い不安感も消えていきます。

そして、脳の神経ネットワークが、バランスの取れた状態で再構築していきます。

すると脳は、バランスの取れた状態を、通常の状態と認識するようになります。アンバランスな状態に戻ることはありません。再発しない根本的改善が可能なのです。

ブレイン ステート テクノロジー(BST)では、意思の力で不安感をコントロールしようとする作業は行いません。

カウンセリング、心理療法、薬物療法等、従来の方法で克服できなかったという方は、愛知県のメンタルリトリーバルまでご相談下さい。

※当オフィスは、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。


米国で話題の ブレイン・ステート・テクノロジー(BST)
3つのポイント

全般性不安障害・不安神経症の克服法 特徴その1おどろくほどの成果をあげており、最終的に根本的な改善が見込めます!

全般性不安障害・不安神経症の克服法 特徴その2脳の自己修復力を活かした方法で、非侵襲(体を傷つけない)です!

全般性不安障害・不安神経症の克服法 特徴その3セッション終了後、基本的に3週間~1ヵ月程という短期間で効果が現れます!

※効果や効果の感じられ方には個人差があります。症状が重い場合は、より多くのセッション数が必要となります。



不安神経症の症状でBSTのセッションを受けられた方より

まず不安感が減少したことを報告される方が多いです。

今まで不安に思っていたことに、あまり不安を感じなくなった、心配しなくなったという方もいます。

また、必要以上の不安を感じなくなったことで、今までどれだけ過剰に不安を感じていたかが分かった、と言われる方もいます。

以前よりストレスを感じにくくなった、あまりイライラしなくなったという方もいます。

物事を悲観的に受け止めていたのが、ポジティブな考えができるようになった、さらにはセッション前より行動的になったという方もいます。

※不安という感情自体がなくなるわけではありません。必要以上の過剰な不安が改善されたといいます。


※効果には個人差がございます。必要とするセッション数は、状態により個人で異なります。症状が重い方や他の症状を併発している方は、多くのセッション数が必要となります。


ブログにて体験談公開中!

不安神経症・全般性不安・の克服体験談へのリンク



不安神経症の症状克服体験談

不安神経症(全般性不安障害) 睡眠障害  40代女性


幸せ感がわいてきます!今までの自分は、いつも不安でいっぱいだったことがよく分かりました。先のことをいつも先回りして心配ばかりしていました。心配事があるとすぐに眠れなくなりました。それが今では不安感がほとんどありません。何か楽観的に思える自分がいます。すごく平和な気分で、時々幸せ感が込み上げてきます。幸福脳ってこういうことなんですね!本当にうれしいです。ありがとうございました。

不安神経症(全般性不安障害) 不眠症  50代女性


 旅行に行こうとするといつも仕事の事で不安になり、出発する前にやり終える必要がありました。ですが最近の旅行で、心がとても穏やかなことに気づきました。やらなければならないことがあっても、何とかやれてしまうだろうと思えるようになりました。この安心感はいったい何でしょう。今とてもぐっすり眠れています。トイレに行くために起きますが、またすぐに眠れます。これは大きな変化です。以前はまた寝るのに1時間はかかっていましたが、今は数分で眠れます。セッションの後、知り合い数名で食事へ行くことになりましたが、流れるように会話ができ楽しむことができました。人に優しく親切にしたいと思えました。今多くの楽しみが出てきました。以前はすべてをとても深刻にとらえていたことが分かりました。すべてが一大事でした。孫と時間を過ごすときも、我慢強くなって楽しめるようになり、前よりもよく遊んでいます。娘の考えも受け入れられるようになり批判的でなくなりました。ブレインステートテクノロジーは素晴らしい経験です。

脳科学ブレイン・ステート・テクノロジーの内容詳細はこちら

精神症状を改善するなら愛知県メンタルリトリーバル


※ご不明な点がございましたら、愛知県の当オフィスまでご連絡ください。


精神症状克服なら愛知県メンタルリトリーバルへの問合せ

愛知県メンタルリトリーバル メール問合せ

セッション中は電話に出られない場合がございます。メールフォームでしたら確実でございます。

メンタルリトリーバル 〒491-0905 愛知県一宮市平和1-13-13 TEL:0586-85-6382


当オフィスへは、愛知県岐阜県三重県をはじめ、遠方からもお越し頂いています。(静岡県、長野県、滋賀県、福井県、石川県、京都府、大阪府、兵庫県) ありがとうございます。

全般性不安障害の愛知県メンタルリトリーバル


※当オフィスは、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。


※当ホームページに掲載されている全ての文章・画像等は著作権により保護されております。

当ホームページの内容の全て又は一部を、無断で転載・流用等することを固く禁じます。


※「メンタルリトリーバル」は、登録商標第5827439号です。


※Brain State Technologies®, Brainwave Optimization™ は、米国ブレインステートテクノロジーズの登録商標です。



メンタルリトリーバル
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-13-13
TEL:0586-85-6382
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休、1月1日~3日