恐怖症を克服するなら愛知県一宮市メンタルリトリーバル

精神症状克服のメンタルリトリーバルへのメールフォーム 精神症状克服の体験談へのリンク 精神症状克服方法の目次へのリンク

恐怖症の克服

恐怖症の克服方法として、カウンセリングや認知行動療法、暴露療法といった様々な療法があります。

しかし、自分にはうまくできなかった、なんとか生活に影響しないレベルまで改善できたけど、根本的な恐怖感は克服できていない、という方も多いです。

なぜ、恐怖症の克服は難しいのでしょうか。

恐怖症は、心だけの問題ではなく、脳の問題でもあるからです。

恐怖症でお悩みの方は、左脳と右脳で脳波がアンバランスになっていると考えられます。

恐怖症の原因


これは、過去のトラウマが今も続いていることを意味します。

人はトラウマを受けると、交感神経または副交感神経が過剰に働き、左脳と右脳でアンバランスになってしまいます。

交感神経の過剰な働きは、緊張や恐怖を生み出しやすい状態であり、この脳のアンバランスを解消させない限り、恐怖がわき上がってくる状態は変わらないのです。

メンタルリトリーバル(愛知県)では、アメリカ脳科学を導入し成果をあげています。

カウンセリングや認知行動療法等の心理療法で克服できていない方は、ご相談下さい。

恐怖症の克服なら、メンタルリトリーバルのアメリカ脳科学

愛知県での恐怖症チェック1精神療法である程度改善はしたけど、根本的には克服できていない

愛知県での恐怖症チェック2カウンセリング、セラピーを続けてきたけど結局克服できていない

愛知県での恐怖症チェック3恐怖を感じると動悸や過呼吸が現れるのを克服したい

愛知県での恐怖症チェック4不安障害やうつ症状など、他の症状も合わせて克服したい




恐怖症の症状と種類

恐怖症は、不安障害の一つとして分類されています。

ある特定のことに対して、恐怖を感じる必要がないと分かっていながら過剰な恐怖や嫌悪を感じ、その恐怖が日常生活に大きな影響を与えているというものです。

恐怖、恐れという感情は、危険に対して起こる感情で、人間に必要な感情です。

危険に対して恐怖を感じるからこそ、危険を避けようとします。

人は誰でも、必要がないと分かっていながら、ある特定のことに恐怖を感じてしまう、ということはあるものです。

恐怖感はあるものの、仕事や日常生活に影響を与えるほどではなく、単に苦手というレベルであれば、恐怖症とはいいません。

しかし、その恐怖の程度があまりに過剰で、精神的に大変苦痛であったり、心身に症状が出ている、さらにその対象を回避しようとすることで仕事や日常生活に支障がでている、となると恐怖症の可能性が高いです。

例えば、閉所恐怖症でエレベーターに乗れない、先端恐怖症で刃物を扱えない、水恐怖症でお風呂に入る度に恐怖を感じる、などは生活に支障がでているといえますので恐怖症と診断される可能性が高いといえます。

恐怖症は、過剰な恐怖という心理的症状とともに、異常に緊張する、動悸、発汗、息苦しくなる、過呼吸、吐き気がする、といった身体的症状が現れることもあります。

このような身体症状は、交感神経が過剰に働き、過剰な緊張状態であるための身体的反応です。

そしてこの身体症状が現れることで、さらに不安、恐怖が強くなり、より過度の緊張状態へと悪循環してしまいます。

このため、特定の事に対しようとすると、恐怖感に襲われるのでは、動悸や吐き気がしたりするのでは、と予期不安が起きてきます。

そしてこれを避けようと回避行動を取るようになり、さらに回避行動が過剰になることで、日常生活や仕事に支障をきたすようになったりします。

うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など他の病気の症状の一つとして現れる事もありますが、その場合は元となる病気の方に分類されます。

他の病気の症状の一つとしてではなく、単一の恐怖症は、医学的には限局性恐怖症(アメリカ精神医学会)、恐怖症性不安障害(世界保健機関)と分類されています。

恐怖を感じる対象は、ありとあらゆるものがあり、高所恐怖症、対人恐怖症といったメジャーなものから、虫や爬虫類といった生物への恐怖症等、数え上げればキリがないほどで、その数は数百種類以上といわれます。

非常に多くの恐怖症が存在しますが、恐怖症の種類としては、単一恐怖、社会恐怖、広場恐怖、の3種類に分類されます。

単一恐怖


特定の一つのことに対する恐怖症で、他の不安障害の症状と重ならないものになります。

単一恐怖は、対象によって大まかに、状況への恐怖、動物への恐怖、自然への恐怖、負傷に関わる恐怖、これら以外への恐怖、と5つに分けられます。

<状況への恐怖>
高所恐怖症、暗所恐怖症、閉所恐怖症といった場所、状況に対する恐怖症です。

高所への恐怖は、多くの人が感じる恐怖ですが、ほとんどの人にとって、日常や社会生活への影響はそれほど大きくないともいえます。

しかし、高所に関わる職業の人が事故などをきっかけに高所恐怖症となってしまった、となれば治療が必要な恐怖症となります。

また、閉所恐怖症は、狭い場所や閉じ込められるような状況への恐怖症ですが、広い場所であっても薄暗かったり、窓がない等、閉塞感を感じるだけで恐怖を感じることもあります。

<動物への恐怖>
ヘビ等の爬虫類恐怖症、ハチ、蟻、蜘蛛、ゴキブリ等の虫への恐怖症、犬、猫恐怖症、魚恐怖症、といった動物への恐怖症です。

爬虫類や虫への恐怖症は、日常では比較的避けやすいといえますが、部屋や手足にいるのを突然見つけたりして、恐怖とともに動悸や発汗したり、パニック状態に陥ったりします。

直接見なくても、写真や映像を見るだけで、恐怖症の症状が現れることもあります。

感情が敏感な幼少期に、対象となるものを見てグロテスクに感じたり、恐怖を感じた体験がトラウマとなり、生物への恐怖の原因となることが多いようです。

<自然への恐怖>
地震恐怖症、雷恐怖症、嵐、台風への恐怖症、といった自然現象への恐怖症です。

自然災害に対して恐怖を感じるのは、人として普通のことです。

しかし、その恐怖の程度があまりに過剰であったり、対象を連想するだけで恐怖症の症状が現れる、となると恐怖症の可能性が高いです。

例えば、地震恐怖症は、地震のことを考えると動悸や胸の痛みなど身体症状が現れる、地震のことばかり考えて休まらない、精神的につらいといった症状があります。

地震や台風など自然災害への心配は誰にもあるものですが、心配の程度が非常に強く心身に不調をきたしているかという点がポイントです。

<負傷、医療への恐怖症>
注射恐怖症、先端恐怖症、血液恐怖症、歯科治療恐怖症、疾病恐怖症など、負傷を連想させる事への恐怖症です。

疾病恐怖症(病気恐怖症)は、重い病気に罹るかもしれない、或いは、重い病気かもしれない、と強い恐怖を感じます。

例えば、ガン、エイズ、感染症、重い疾患などへの恐怖があり、軽い症状であってもガンではと恐れたり、細菌に触れることを非常に恐れたりします。

本人或いは身近な人が、過去に重い病気に罹って苦しんだり、辛い治療を受けた経験が原因ともいわれています。

病気であるということに恐怖をもつため、不調を感じてもなかなか病院へ行かなかったり、病気と診断されても受け入れることができず病院を次々変えるケースもあります。

<その他の単一恐怖症>
嘔吐恐怖症、窒息恐怖症、集合体恐怖症、植物恐怖症、などの例があげられますが、これらは一例で、他にも非常にたくさんの恐怖症が存在します。

社会恐怖


人との社交に関わる恐怖症です。社会不安障害とも深く関係し、社会不安障害の症状の一つとして現れることもあります。

対人恐怖症、男性、女性恐怖症、赤面恐怖症、視線恐怖症、脇見恐怖症、会食恐怖症、幸せ恐怖症、醜形恐怖症、体臭、口臭恐怖症、等です。

他にも多くの種類が存在しますが、以下一部の事例を挙げます。

<視線恐怖症>
視線恐怖症には、自己視線恐怖、他者視線恐怖、正視恐怖、脇見恐怖、の4つがあります。

自己視線恐怖は、自分の視線が相手に不快な気持ちにさせているのでは、という恐怖です。

相手の動作全てが、自分の視線によって不快に感じたための動作では、と結び付けて考えてしまったりします。

自分の視線が他人に迷惑をかけていると考えるために、常に自分の視界に他人を入れないようにしていることもあります。

他者視線恐怖は、他人の視線が気になってしょうがない、周りの人全てが自分を見ているように感じる、というものです。

他人が一人でもいるような状況では、たとえ見ず知らずの赤の他人であっても、自分は見られているのでは、という緊張と恐怖で、落ち着かない気持ちになり、自分のやろうとしたことがやれなくなったりします。

正視恐怖は、相手と視線を合わせることに緊張しすぎたり恐怖を感じます。相手の目を見て話すことができません。

相手が自分の目を見て話すのは、自分にとても注目しているからと過剰に考えてしまったり、相手と視線を合わせると相手が不快な気持ちになるのではと考えてしまったりします。

脇見恐怖は、自分の視界に入ったものを、見たくないのに気になって見てしまう症状になります。

自分でも意識なく周りをチラチラ見ていた、気付いたら他人をじっと見ていた、道を歩く時にすれ違う人を見ていた、などがあります。

相手を不快な気持ちにさせたり、不審に思われたりするのではという意識があっても、正面を見ることができず、正面を見ようとすると精神的につらく感じたりします。

<会食恐怖症>
会食恐怖症は、他人との食事に過度の緊張や恐怖を感じ、吐き気、口が乾く、飲み込めない、動悸、震え、といった症状が現れます。

食事が喉を通らないのでは、食事を残すと変に思われるのでは、人前で吐いてしまうのでは、などと強い不安を感じたりします。

このようなところを見られたくないために他人との食事を回避するなど、仕事での付き合いや、友人関係といった社会生活に影響してきます。

会食恐怖は、自分一人や家族との食事では問題なく、人前での会食に症状が現れることが多いです。

<幸せ恐怖症>
幸せ恐怖症・幸福恐怖症は、普通は喜んだり幸せを感じるような事に対して恐怖を感じます。

恋愛、仕事での成功や昇進、といった自分にとって喜ばしい事について、罪悪感を感じたりします。

結婚式や祝賀会といった喜ばしいイベントへの参加にも、不安でいたたまれなくなったりします。

幸福は不幸の前兆と考えてしまうなど、普通なら幸せを感じるような場面で不安や恐怖を感じるために、その話を断ることで安心を得たりします。

広場恐怖


ここで言う広場とは、すぐに逃げることが難しい場所や状況を言い、単に広い場所が怖いという意味ではありません。

特にパニック障害であったり、パニック発作の経験がある方に関係することが多く、発作が起きた場合にすぐに助けを求められない、或いは人前で発作が起きたら恥ずかしいといった状況が含まれます。

具体的には、乗り物(バス、電車、飛行機等の公共交通機関)、高速道路、長い橋、トンネル、美容院、歯医者、映画館、人混みの中、列に並ぶこと、外で自分一人になること、等が挙げられます。

通勤や通学で日常的に公共交通機関を利用しなければならない場合は、恐怖を感じながらの利用なため負担が大きくなります。又、行動範囲も必然的に制限されることになります。

さらに症状が重くなると、これらの場所を避けようとすると一人では外出できなくなってしまい、ほとんど家に閉じこもるような生活になります。

それでも病院等、外出しなければならない時には付き添いが必要なため、家族や友人等誰かに頼ることになり、本人だけでなく周りの人も負担が大きくなります。

パニック障害の改善についてはこちら



恐怖症の症状チェック

恐怖症の症状かどうかのチェック方法として、アメリカのDSM-5(精神障害の診断・統計マニュアル第5版)が挙げられます。

DSM-5では、限局性恐怖症として分類され、特定の物や状況への恐怖、不安とされています。

A.特定の物または状況(飛行、高所、動物、注射を受ける、血を見る等)への著しい恐怖または不安。

注:子どもにおいて恐怖または不安は、泣く、かんしゃく、固まる、まとわりつく、などで表現されるかもしれない。


B.恐怖となる物または状況は、ほとんどいつも、直ちに恐怖や不安を引き起こす。


C.恐怖となる物または状況を、積極的に回避する、または、強烈な恐怖や不安を伴って我慢する。


D.恐怖や不安は、その特定の物や状況によって引き起こされる実際の危険性や、社会文化的背景に不釣り合いである。


E.恐怖、不安、回避は持続性があり、一般的には6ヵ月以上続く。


F.恐怖、不安、回避は、臨床的に有意な苦痛、または、社会的、職業的、または他の重要な領域での機能の障害の要因になっている。


G.その障害は、(広場恐怖のような)パニックのような症状や行動不能となる他の症状、(強迫性障害のような)強迫観念に関係する物や状況、(PTSDのような)トラウマ体験を思い出させるもの、(分離不安障害のような)家や愛着あるものからの分離、(社会不安障害のような)社会的場面、に関係する状況の恐怖、不安、回避、を含む別の精神障害の症状ではうまく説明されない。


この恐怖症の症状チェックは、アメリカのDSM-5(精神障害の診断・統計マニュアル第5版)を翻訳したものです。

恐怖症の症状であるかは、心療内科や精神科などで診断を受けて下さい。


恐怖症克服の一般的方法

恐怖症の克服に広く行われている治療法としては、薬物療法、精神療法、或いは両方を組合せた治療法があります。

<薬物療法>
薬による治療薬としては、抗不安薬、抗うつ薬、ベータ遮断薬があります。

抗不安薬、抗うつ薬は、特定の恐怖に対する直接の治療薬としてではなく、不安症状、うつ症状、強い緊張状態などを伴っている場合に、それらを緩和する治療薬として使われることがあります。

又、動悸、発汗、震えなどの身体症状がある場合には、頓服薬としてベータ遮断薬が使用されます。

ベータ遮断薬は、通常は高血圧や狭心症の薬として使用されますが、動悸や震えを抑える作用もあり、必要に応じて使われます。

恐怖を感じて緊張すると、交感神経よりノルアドレナリンが分泌されます。

ノルアドレナリンがベータ受容体と結合すると、心臓の働きが活発になって心拍や血圧が急上昇し、動悸や震えが起きます。

そこで、ノルアドレナリンのベータ受容体への結合を抑えて、動悸や震えを抑えようとする薬です。

動悸や震えなどの身体症状が現れた場合だけでなく、恐怖を感じる場面の前に予め予防薬としての服用も可能です。

ベータ遮断薬は、血圧や心拍を下げる薬で、心臓の働きを低下させる薬ともいえます。

薬の副作用として、めまいやふらつきが現れる場合もあり、治療は医師と相談しながら進めていきます。

<精神療法>
恐怖症に対する直接的な治療法としては、薬物療法よりも精神療法が一般的となっています。

精神療法の補助目的で、薬物が使用されることもあります。

精神療法による治療法としては、認知行動療法の一つの暴露療法(段階的暴露療法)があります。

暴露療法は、恐怖症のように克服の対象が限られている場合に、広く行われている治療法です。

恐怖、回避している対象にあえて触れ、少しずつ段階的に慣れていくことで、克服を目指していきます。

恐怖の対象に、動悸や過呼吸などの身体症状が現れる場合は、暴露療法に入る前にリラクゼーション法や呼吸法を学びます。

リラクゼーション法や呼吸法は、動悸や過呼吸の軽減効果があり、暴露療法中に動悸や過呼吸が始まったら、リラクゼーション法や呼吸法を行うようにします。

まず、恐怖を感じるレベルの低い順に、その状況をリストアップし不安段階表を作ります。

始めは、不安段階表の恐怖のレベルが低いところから行っていきます。

始めは恐怖が大きいですが、繰り返し触れていくと恐怖の度合いが減少していきます。

耐えられるようになったら、暴露のレベルを少し上げます。

少し上げたレベルに慣れて克服出来たら、恐怖のレベルを少し上げていきます。

このようなスモールステップを繰り返し、最終的に克服していくことを目指します。

又、対象の恐怖を回避できない状況にする妨害法を同時に行う克服方法もあります。

最近では、コンピューターによって暴露を再現した、仮想現実暴露療法(VR暴露療法)による克服法も取り入れられています。

暴露療法は、恐怖を感じる実際の場面で行うため、病院で行えない場合がほとんどですが、効率的な克服を目的とした仮想現実暴露療法が開発されています。


恐怖症克服におどろきの成果 アメリカの脳科学 ブレイン・ステート・テクノロジー(BST)

恐怖症の克服はなぜ難しいのか


恐怖症の克服法として、一般的には暴露療法(認知行動療法)があり、それで改善された方は多くいらっしゃいます。

しかし、続けられずにあきらめてしまった、ある程度は改善したけど恐怖感はまだ残っている、という方も多いです。

なぜ恐怖症の克服は難しいのでしょう。

これは、恐怖症の方の脳は、脳の神経ネットワークのパターンが、恐怖が湧いてきやすいパターンになっているからです。

恐怖症の方の脳波は、左脳と右脳でアンバランスが見られます。

恐怖症の症状克服過程


この左脳と右脳のアンバランス、つまり右脳又は左脳の異常活性は、交感神経又は副交感神経の異常活性でもありトラウマが残っていることを意味します。

交感神経又は副交感神経の異常活性は、自律神経系の異常でもあり、動悸や震えといった身体症状につながっています。

恐怖症の原因は、ほとんどがトラウマとなるような恐怖体験です。

その恐怖体験があまりに強いと、脳にその恐怖が強く刻み込まれます。

すると脳はその状態を通常のネットワークのパターンと認識してしまうため、解除することは簡単ではなくなります。

恐怖体験は過去のことで、普段はその体験を忘れているとしても、恐怖だけが現れる、ということなります。

つまり、トラウマが残っている脳のアンバランスなパターンを解消しないかぎり、恐怖感も解消しないということです。

原因となる恐怖感の元が解消されていない状態で、強烈な恐怖に慣れていく、のは多くの人にとって大変つらく難しいことです。


恐怖症の克服におどろき ブレインステートテクノロジー


克服が難しい恐怖症ですが、おどろくべき方法があります。

最新の脳科学をベースにアメリカで開発された、ブレイン・ステート・テクノロジー(BST)です。

ブレイン・ステート・テクノロジーのセッションでは、脳が自ら修復力を発揮するようになります。

脳が自分でアンバランスを解消し、バランスしようとします。

セッションを繰り返し、脳がバランスした状態に至ると、トラウマが解消されると同時に恐怖症の症状も解除されていきます。

そして、脳の神経ネットワークが、バランスの取れた状態で再構築されていきます。

再構築が終わると、脳はそのバランスの取れた状態を通常のネットワークパターンと認識しますので、再発することもありません。根本的な克服が可能なのです。

恐怖にあえて立ち向かい慣れていく、というつらい作業は弊所では行いません。

様々な療法がありますが克服できていない方は、愛知県の弊所までご相談下さい。

※弊所は、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。


米国で話題の ブレイン・ステート・テクノロジー(BST)
3つのポイント

恐怖症の克服法 特徴その1おどろくほどの成果をあげており、最終的に根本的な改善が見込めます!

恐怖症の克服法 特徴その2脳の自己修復力を活かした方法で、非侵襲(体を傷つけない)です!

恐怖症の克服法 特徴その3セッション終了後、基本的に3週間~1ヵ月程という短期間で効果が現れます!

※効果や効果の感じられ方には個人差があります。症状が重い場合は、より多くのセッション数が必要となります。



BSTのセッションで恐怖症を克服された方より

恐怖感がそれほど気にならなくなった、といわれる方が多いです。

(今まで恐怖に感じていたことに)普通でいられる自分がいる、といわれた方もいらっしゃいます。

対象に今までのような恐怖を感じなかったことで、避ける必要がないと自然に思えた、という方もいます。

これは、脳のアンバランスが解消されることで、交感神経・副交感神経の異常活性も解消されるからです。

※恐怖という感情がなくなるわけではありません。危険ではない状況でも過剰に感じる恐怖についての改善です。


ブログにて克服体験談公開中!

愛知県での症状克服体験談


※効果には個人差がございます。必要とするセッション数は、状態により個人で異なります。症状が重い方や他の症状を併発している方は、多くのセッション数が必要となります。


脳科学ブレイン・ステート・テクノロジーの内容詳細はこちら

精神症状を改善するなら愛知県メンタルリトリーバル


※ご不明な点がございましたら、愛知県の弊所までご連絡ください。


精神症状克服なら愛知県メンタルリトリーバルへの問合せ

愛知県メンタルリトリーバルへの問合せフォーム

セッション中は電話に出られない場合がございます。メールフォームでしたら確実でございます。

メンタルリトリーバル 〒491-0905 愛知県一宮市平和1-13-13 TEL:0586-85-6382


弊所へは、愛知県岐阜県三重県をはじめ、遠方からもお越し頂いています。(静岡県、長野県、滋賀県、福井県、石川県、京都府、大阪府、兵庫県) ありがとうございます。

恐怖症を克服するなら愛知県メンタルリトリーバル


※当サロンは、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。


※当ホームページに掲載されている全ての文章・画像等は著作権により保護されております。

当ホームページの内容の全て又は一部を、無断で転載・流用等することを固く禁じます。


※「メンタルリトリーバル」は、登録商標第5827439号です。


※Brain State Technologies®, Brainwave Optimization™ は、米国ブレインステートテクノロジーズの登録商標です。



メンタルリトリーバル
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-13-13
TEL:0586-85-6382
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休、1月1日~3日