再発する適応障害でお悩みなら愛知県メンタルリトリーバル

精神症状改善の体験談へのリンク 精神症状改善のメンタルリトリーバルへのメールフォーム 精神症状改善方法の目次へのリンク

適応障害

適応障害の改善方法として、まずはストレス源を取り除くことが重要です。休職、休学する、職場を変える、これだけで回復する場合もあります。

 

しかし、症状がおさまったので復帰しようとすると、また再発する場合もあります。

 

この場合、本人の甘え、根性がないから、というように心だけの問題として考えることは誤解です。

 

実は脳の問題でもあるからです。

 

適応障害、特に何度も再発する、なかなか克服できない、そういった方の脳波は、左右の脳でアンバランスになっている可能性があります。

適応障害の原因

 

脳がアンバランスとは、副交感神経に対し交感神経が異常に活性している状態で、緊張、不安、恐怖感が強くなります。

 

仕事や学校を前にすると、恐怖症のように、本人の意志とは関係なく症状が現れます。

 

適応障害を再発させずに、根本的に克服するには、左右の脳のアンバランス解消が重要になります。

 

弊所では、アメリカ脳科学を導入し、何度も再発する適応障害にも成果をあげています。

 

適応障害が何度も再発してしまう方、うつや不安障害なども併発し重症化してしまった方は、メンタルリトリーバル(愛知県)にご相談下さい。

メンタルリトリーバルでは、再発する適応障害も、アメリカ脳科学で解決されています

適応障害症状の再発チェック12ヵ月ほど休職して復帰したけど、2〜3日でつらくてまた休職してしまった

適応障害症状の再発チェック2職場を何回か変わったけど、その度に適応障害が再発する

適応障害症状の再発チェック3いろんな療法をやってみたけど、再発して結局克服できていない

適応障害症状の再発チェック4ストレス的状況を想像するだけで症状が出てくる

適応障害症状の再発チェック5適応障害だけでなく、うつ病や不安障害等も出てきて重症化してしまった

 

 

 

 

適応障害の症状・一般的な治療法

適応障害とその原因

適応障害は、ストレスを感じるある特定の事に対して、そのストレスに適応できず、社会生活に支障が出るほどの症状が現れるというものです。

 

ある特定の事とは、大きな環境の変化であったり、日常生活でのストレス的な出来事、状況であったりします。

 

大きな環境の変化の例として、引っ越し、進学、進級、就職、職場の異動、昇進、転職、失業、結婚、離婚など、あらゆる事があげられます。

 

日常生活において、仕事中や学校での活動中に発生した過剰なストレスとなるような出来事や、職場や学校での日常的に継続するハラスメント、が適応障害の原因となることもあります。

 

ストレス的な状況としては、業務内容にかなりの注意を要する職場、職場内で対立がある、孤立を感じるような職場、といったことが、あげられます。

 

また、ストレスの感じ方は人それぞれであり、同じような環境にあっても、大きなストレスに感じる人もいればそれほどストレスに感じない人もいます。

 

ストレスの種類が変われば、そのストレスに対する耐性も人それぞれです。

 

ストレスが大きいかどうかは、他人から見てどうかではなく、本人がどう感じるかです。

 

適応障害は、大きなストレスとなる事があり、そのストレスが本人にとって耐え難いものであったとき、そのストレスに対して適応できずに症状が現れるというものになります。

適応障害の症状

適応障害の症状としては、精神的な症状と身体的な症状があります。

 

精神的な症状は、憂鬱感、判断力や思考力の低下、絶望感を感じるといった抑うつ状態が主である場合と、強い不安、恐怖感といった不安が主である場合があります。

 

抑うつ状態と強い不安の両方が現れることもあります。

 

例えば、仕事に行く前になるとうつ気分が強くなり、上司に怒られるのではないかという不安、職場に行くことが怖い、仕事関係の人に会ったり電話・メールすることが怖い、といった恐怖が強くなります。

 

また、精神的な症状に加え、腹痛、吐き気、食欲不振、体がだるい、動悸、頭痛、といった身体的な症状が現れることもあります。

 

このような症状のために、職場や学校に行けなくなったり、今までできていたことができなくなることもあります。

 

特定の事に対して症状が現れますので、仕事、学校を休むことにしたとたん、症状がおさまることもあります。

 

さらに、判断力の低下、恐怖感といった症状やストレス処理が上手くできないために、精神的に不安定となり問題行動を起こしてしまうことがあります。

 

遅刻や無断欠勤は、起きるのが困難なほど体がだるくなり、電話しようにも怒られるのではないかという恐怖感が先立って結局できなかった、という背景があったりします。

 

人と接するのが怖くなり、訪問に居留守してしまったり、電話やメールに応答できなかったりすることもあります。

 

ストレス処理が上手くできないために、行動面での症状も見られます。

 

怒りっぽくなって暴言を吐いてしまったり、お酒を飲み過ぎることもあり、さらには、万引き、いたずら、破壊行為といった反社会的行動を起こしてしまうこともあります。

 

これらは、適応できない、不適応からくる症状ですが、過剰適応からくる適応障害もあります。

 

過剰適応は、周りの状況や相手に合うように、自分を抑えて考えや行動を変える程度が、あまりにも過剰であるために心身に不調をきたすほどであるというものです。

 

適応障害は、問題的な行動を起こしてしまうことや、本人にとってストレスとならないことには症状が現れないこともあることから、周りの人から心が弱い、甘えているだけと誤解されることもあります。

 

周りの人の理解が得られず、人との信頼関係や社会生活に大きな影響を与えることもあります。

 

適応障害への無理解から、職場環境や家族関係が悪化し、適応障害の症状もより深刻なものになっていくこともあります。

 

特にご家族の方には、適応障害について正しく理解頂くことが、適切な支援につながります。

 

適応障害は、ストレス源を取り除くことができなかったり、適切に対処せずに我慢し続けると、症状が慢性化し、うつ病、不安障害、自律神経失調症など重症化していきます。このため、早めの対処が必要です。

適応障害の一般的な治療法・再発防止策

<一般的な適応障害の治療法>
適応障害は原因となるストレスがはっきり分かっていますので、広く一般的な治療方法としては、ストレス源を取り除くこと、そのストレスへの適応能力を高めること、の2つが治療の中心となります。

 

また、症状による苦痛が強い場合などは、抗不安薬や抗うつ薬といった薬物による治療も行われます。

 

ストレス源を除去する対処法としては、環境を改善しストレス源を減らす、離れるということになります。

 

仕事の量を減らし残業しなくてもいいようにする、希望する職場へ異動する、学校であれば保健室登校にする、症状が重い場合は、休職する、休学するといったことが挙げられます。

 

人間関係であれば、いったん離れしばらく距離を置く、別れるといったことが挙げられます。

 

このように、まずは原因となるストレス因を取り除くことで回復していきます。

 

しかし、この先ストレスを避け続けることが、本人にとっていいこととは限りません。

 

休職、休学して症状はおさまったのに、復帰したらすぐに適応障害が再発した、ということもあります。

 

社会生活に復帰するためには、ストレス源を取り除くだけでは不十分で、ストレスを受けてもそれに耐え、問題を解決していく能力を上げていく必要があります。

 

ストレスへの適応力を高めるために広く行われているのが、認知行動療法や集団精神療法です。

 

認知行動療法では、ストレスの元となった事への受け止め方や対処法を変えていくことで、ストレスへの適応力を高めていこうとします。

 

集団精神療法は、複数の患者同士が集まり、ストレスや抱えている問題についてディスカッションすることで対処法を学び、適応力を高めていきます。

 

<一般的な適応障害の再発防止策>
適応障害の再発防止に、世間一般的によくいわれていることは、自分で行う防止策です。

 

休職していた人が復帰するにあたっての再発防止策としては、まず仕事量の管理です。

 

職場に復帰してすぐに、他の同僚と同じように、休職前と同じように働こうとするのは無理があります。

 

復職するにあたっては、仕事の質や内容よりも、毎日続けて出勤できることが目標になります。

 

心身共に環境の変化に慣れるまで、業務の量がストレス因にならないようにする必要があります。

 

業務の量にストレスを感じてしまうと、再発してしまうことになりかねません。

 

残業しないで定時で帰る、または短時間勤務等の配慮があげられます。

 

これには、会社、勤め先、上司の支援が重要になりますので、復職の際によく相談することです。

 

適応障害の再発防止にあたって、次に配慮することは、相談できる人を持つことです。

 

何か問題が起きた時に、誰にも相談できず一人で抱え込んでしまうために、より大きなストレスとなって適応障害の原因になりやすくなります。

 

具体的な解決策がすぐに見つからなくても、誰かに話すだけで気分的な負担が軽くなるものです。

 

職場の人だけでなく、ご家族でも結構です。自分の周りに適当な相談相手がいない場合、カウンセラーや医師でも差し支えありません。

 

困ったことがあれば、一人で抱え込もうとしないで相談してみることです。

 

他には、規則正しい生活があげられます。

 

不規則な睡眠や食事は、自律神経系が乱れる元になります。

 

自律神経のが乱れは、睡眠障害、疲労が回復せず溜まりやすい、心が落ち着きにくくなる、などにつながります。

 

適応障害の再発防止のためには、休みの日であっても規則正しく生活することが重要です。

 

再発防止策として他には、ストレス解消法を持つことがあげられます。

 

ストレスを受けてしまった時は、落ち込まないよう抑えることではなく、気分を切り替えて出来るだけ早く回復することです。

 

ストレスの元になった事を考え過ぎてしまうことなく、意識して気分を切り替えるようにします。

 

自分の好きなことや趣味に打ち込む等、自分なりのストレス解消法を持つことは適応障害の再発防止にも有効です。

 

適応障害の再発におどろき 米国の脳科学 ブレイン・ステート・テクノロジー

なぜ適応障害は再発するのか

適応障害の治療法として、まずは原因となるストレス源を取り除くことが重要です。

 

休職、職場の異動、休学、というようにストレス源から離れることで、多くの場合回復していきます。

 

また、ストレスへの適応力を高めるために、認知行動療法や集団精神療法が広く行われています。

 

もちろんこのような取り組みは重要なことで、それで再発せずに復帰できた方は多くいらっしゃいます。

 

しかし、いざ仕事に復帰しようとすると再発してしまった、職場を変えてもらったけどしばらくしたら再発した、結局のところ克服できていない、という方が多いのも事実です。

 

どうして再発するのでしょうか。

 

適応障害が何度も再発する、あるいはなかなか回復しない場合、脳の問題であることが多いからです。

 

心の健康な方の脳波が、左右の脳でバランスが取れているのに対し、適応障害の方の脳波は、左右の脳でアンバランスになっています。

適応障害が再発する仕組み

 

これは交感神経が異常に活性している状態、または副交感神経が異常に活性している状態でもあります。

 

この脳がアンバランスな状態は、きっかけさえあれば様々な精神的な症状がでます。

 

適応障害もそうです。交感神経の異常活性であれば、緊張しやすく腹痛、吐き気等につながり、また不安や恐怖も強くなります。

 

脳がアンバランスな状態は、ストレスをより強く受けやすく、恐怖症のように特定の状況に対してネガティブな反応が現れ、自律神経失調の症状にもつながるという、脳の神経パターンを意味します。

 

そして脳のアンバランスなパターンが一度できてしまうと、脳はその状態を通常の状態と認識するため、それを変えることは容易ではなくなります。

 

これは、脳がアンバランスなパターンを通常の状態と認識している限り、ストレスを受ければ適応障害の症状が現れる、というパターンがずっと続くということです。

 

ストレス源から離れ一度は症状が現れなくなったとしても、様々な療法を受けたとしても、脳がアンバランスな状態に変わりなければ再発してしまうのです。

 

心や意志力が弱くてストレス耐性が低いから再発する、ということではないのです。

 

世間では、認知行動療法をはじめとする様々な療法が行われていますが、物事の受け止め方を変えていくということは、そう簡単にできることではありません。

 

受け止め方を変えることができたとしても、脳がアンバランスなパターンに変わりなければ、ストレス反応が生じやすい状態に変わりありません。

 

また、適応障害の症状が現れる特定の事が、必ずしも嫌な事とは限らないケースもあります。

 

仕事内容も職場環境も何の問題もない、でもいざ朝、仕事へ行こうとすると気分が悪くなって行けなくなる、といったケースです。

 

このように、適応障害の症状全てを、本人の物事の受け止め方やストレス耐性の問題として扱うことには限界があります。

 

再発する適応障害にもおどろきの成果 ブレイン ステート テクノロジー

適応障害が何度も再発する場合、その克服は難しくなることが多いですが、おどろきの方法があります。

 

脳科学をもとに米国で開発された最新の方法、ブレイン ステート テクノロジー(BST)です。

 

ブレイン ステート テクノロジーのセッションを受けると、脳が自己修復力を発揮するようになります。脳自らアンバランスを解消し、バランスするように導かれていきます。

再発する適応障害の改善過程

 

セッションを繰り返し、脳がバランスした状態に至ると、交感神経と副交感神経のバランスもとれ、適応障害の症状も現れなくなっていきます。

 

そして、脳の神経ネットワークが、バランスの取れた状態で再構築されていきます。

 

ここが、改善が一時的なものでなく、再発しないための重要なポイントです。

 

適応障害が再発する状態というのは、左脳と右脳でアンバランスな状態で固定化された状態です。

 

再発しない根本的な克服のためには、左脳と右脳がバランスした状態で固定化されなければなりません。

 

それが脳の神経ネットワークの再構築です。

 

バランスの取れた状態で再構築されることは、適応障害のネガティブなパターンがキャンセルされることを意味しますので、再発することもありません。根本的な克服が可能なのです。

 

何度も再発してしまう方、様々な療法をやってみたけど克服できていない方は、愛知県にありますメンタルリトリーバルにご相談下さい。

 

米国で話題の ブレイン・ステート・テクノロジー(BST)
3つのポイント

適応障害を再発しないで克服するポイントその1おどろくほどの成果をあげており、最終的に根本的な改善が見込めます!

適応障害を再発しないで克服するポイントその2脳の自己修復力を活かした方法で、非侵襲(体を傷つけない)です!

適応障害を再発しないで克服するポイントその3セッション終了後、基本的に3週間〜1ヵ月程という短期間で効果が現れます!

※効果には個人差があります。症状が重い場合は、より多くのセッション数が必要となります。

 

脳科学ブレイン・ステート・テクノロジーの内容詳細はこちら

精神症状の改善なら愛知県メンタルリトリーバル

 

※当サロンは、医療機関ではございません。診断・治療という医療行為は行っておりません。

 

適応障害でセッションを受けた方より

気分がスッキリした、心のモヤモヤが解消された、と言われる方は多いです。

 

また、仕事のこと等を含め、今まで嫌と感じていたことが、それほど嫌とは思わなくなったという方もいます。

 

これは過去のトラウマも同時に解消されるからです。

 

また、大きな違いを感じられたのは、ストレス的状況に置かれた時といいます。

 

気分の落ち込み、不安、腹痛、吐き気といった適応障害の症状が現れないだけでなく、今までとは違って前向きに問題を解決しようとすることができるようになったという方もいます。

 

職場に復帰したけど、適応障害が再発しないばかりか、仕事に対して前向きになった、積極的に取り組めるようになった、という方もいます。

 

脳のバランスがとれることで、強い不安やうつ気分に陥ることなく気分が安定し、ストレス耐性も上がっていきます。例えば、気分が落ち込むような事があっても、回復できるようになっていきます。

 

ブログにて体験談公開中!

再発する適応障害の克服体験談へのリンク

 

※効果には個人差がございます。必要とするセッション数は状態によって個人で異なり、特に症状が重い場合や、様々な症状を併発している場合等は、より多くのセッション数が必要となります。

 

脳科学ブレイン・ステート・テクノロジーの内容詳細はこちら

精神症状の改善なら愛知県メンタルリトリーバル

 

 

精神症状再発を防ぐ愛知県メンタルリトリーバルへの問合せ精神症状再発を防ぐ愛知県メンタルリトリーバルへの問合せ

愛知県メンタルリトリーバルへのメールフォーム

セッション中は電話に出られない場合がございます。メールフォームでしたら確実でございます。

メンタルリトリーバル 〒491-0905 愛知県一宮市平和1-13-13 TEL:0586-85-6382

 

当サロンへは、愛知県をはじめ、岐阜県・三重県・静岡県・長野県・滋賀県・福井県・石川県・京都府・大阪府・兵庫県からもお越し頂いています。遠方からもお越し下さいまして、ありがとうございます。

 

適応障害再発なら愛知県メンタルリトリーバル

 

※当サロンは、医療機関ではございません。診断、治療といった医療行為は行っておりません。

 

※当ホームページに掲載されている全ての文章・画像等は著作権により保護されております。

当ホームページの内容の全て又は一部を、無断で転載・流用等することを固く禁じます。

 

※「メンタルリトリーバル」は、登録商標第5827439号です。

 

※Brain State Technologies®, Brainwave Optimization™ は、米国ブレインステートテクノロジーズの登録商標です。

 

 

メンタルリトリーバル
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-13-13
TEL:0586-85-6382
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休
お問い合わせフォーム